毎日の使用と掃除が不可欠な部分の取り扱い方について

キッチン

このエントリーをはてなブックマークに追加

さまざまなふすま

ふすまの張替えをする目的はいろいろで、「穴があいたから」以外にも遮熱の機能があるふすまに張替えをするという場合もあります。この仕事を手がけてくれる業者のもとには、いろんな種類のふすまがあるのです。

Read More

換気扇を掃除する

キッチンの換気扇掃除は、定期的に必ず行われなければならないものです。毎日使い、そのつど汚れがついてしまう換気扇だから、メンテナンスが必要で、専門的な知識を持った業者に面倒を見てもらわなければならないのです。

Read More

水回りのコーティング

水回りで大切なことは、カビや菌の発生を防ぐこと。コーティングを施すことによって、それを実現することが出来ます。特に、湿気が原因で発生しやすいカビを、コーティングが定着させずに出来にくくしてくれます。

Read More

給湯器の進化

エコキュート導入にあたって

エコキュートは、地球環境にやさしい給湯機として、近年加速的に普及され続けています。また、ユーザー側が受ける恩恵は非常に大きなものであり、導入時における補助金制度や電気代のランニングコスト低減など様々です。 しかし、エコキュートを導入する際には、設置環境との組み合わせも重要です。ランニングコストが低いとは言えども、電気使用時間は数時間単位で大きな消費電力を使用します。特に冬場ではその傾向が著しいです。深夜電力によって低い電気使用料金となることから低コストを実現出来ています。太陽光発電が設置された環境では、買電が可能な限り大きな恩恵を受ける事になります。また、オール電化においてもガスなどの基本使用料不要のため経費削減が可能となります。要するに、太陽光発電やオール電化においてエコキューとは最大限にメリットを引き出す事が可能である事がいえます。仮にそのような環境がなかったとしてもエコキュートのメリットは十分にあるのですが、余裕があるならば環境設備も考慮する事が勧められるものとなります。

ランニングコストを向上させる利用方法

エコキュートは、深夜電力やCO2を利用してお湯を沸かし、タンクにお湯を貯め込むシステムです。その動作は自動的に行われるのが一般的であり、タンクからお湯が減ったら決められた時間に沸かすものとなります。またエコキュートには、その家族が使用するお湯の量を記憶する仕組みがあり、常に容量いっぱいに沸かすのでなく、使用量に応じたお湯を沸かすものとなります。 お湯を多く使用すれば、年間あるいは数年間のランニングコストが増加するものであり、逆にお湯を節約する習慣があればその分低コストを維持できるものとなります。冬場と夏場のお湯使用量・電気代使用料を見れば一目瞭然の結果となっています。もちろん手動による湯沸かしも可能ですが現実的ではありません。いくらランニングコストがよいからと言っても、その家族の使い方による影響は非常に大きいものとなるのです。

メニュー

コーティングの種類

水回りで行われるコーティングサービスで使われる物の中には、いろんな種類があります。フッ素コーティングやシリコンコーティングなど、それぞれ樹脂を原料としたものが使われているのです。

Read More

↑ PAGE TOP